一香堂が考える

健康な

からだ

私たちのからだは、ひとつの有機体です。「小宇宙」とも呼ばれます。

私たちのいのちを運ぶため、いのちを表現するため、細胞、組織、器官ひとつひとつが人智を超えたネットワークでつながっています。

そのつながりの中で、からだはからだとして保ち続け、機能し続けます。

私たちのからだは、外部の自然ともつながっています。

四季の移り変わりとともに、月の満ち欠けとともに、日が昇り沈んでゆく一日とともに、からだは変化し対応し続けます。

からだは自然とともにあり、自然(大宇宙)の一部でもあります。

 

巡っている『からだ』

健康なからだは常に巡っています。

からだの内では、細胞間で常に「巡り」が起こっています。血液は巡り、酸素・栄養は吸収され、二酸化炭素・不要物を排出されます。

からだの外でも、自然との間で常に「巡り」が起こっています。大気、気温、湿度、気圧などから、私たちのからだは影響を受けています。

からだの内でも、内と外の間でも「巡り」がよどみなく起こっている、それが健康な『からだ』であると考えています。

 

柔軟に対応する『からだ』

健康なからだには「柔軟に対応」する力があります。

生きていると、いろいろな変化が訪れます。一日の変化、季節の変化、年齢の変化等。

様々に起きてくる変化の波乗りが上手くいかないとき、からだは傷んだり病んだりします。

これら変化の波をたやすく軽やかに乗り越える、それが健康な『からだ』であると考えています。

 

身心一如

「身心一如」からだと心は一体である。

この言葉、禅の言葉としてよく知られています。心身一如とも書かれますが、からだへのアプローチを提供しているし、道元禅師もそのように記されているようなので、「身心一如」の方を使いました。

かつて、日本では『からだ』と言ったとき、単に肉体だけのことを指しているのではありませんでした。現在もこの概念は、日本の伝統文化・「道」と名が付くもの(茶道、武道etc.)の世界で見ることができます。肉だけでなく「氣」も含めて『からだ』です。

「氣」(=精神、エネルギー)も「血」も心地よく巡っていて、変化にしなやかに対応する、それが健康な『からだ』であると考えています。

以上、一香堂が考える「からだ」観でした。

  • 一香堂FBページ
  • 一香堂Twitter
  • hitokadoh instagram

© 2018 by hitokadoh - Acupuncture & Moxibustion Therapy.